logo HOME
 

認定にかかる費用
有機JAS: 生産行程管理者 | 小分け業者 | 輸入業者 | 特定JAS:地鶏肉
補足事項| 講習会費用 | 海外での認定 | 支払い方法

認定手数料の一覧
(金額単位:円)
生産行程管理者(個人申請)
認定物の種別 項  目
金額
有機農産物
有機飼料(農産物)
認定申請料 1 ha未満 20,000
1 ha 以上 5 ha 未満 30,000
5 ha 以上 10 ha 未満 50,000
10 ha 以上 50 ha 未満 70,000
判 定 料 1ha未満 32,000
1 ha 以上 5 ha 未満 45,000
5 ha 以上 10 ha 未満 55,000
10 ha 以上 50 ha 未満 68,000
*上記以上の面積の申請については直接事務局までお問合せ下さい*
審 査 料 審査員日当(1日当り) 24,000
審査報告書作成料(申請当り) 24,000
有機加工食品 認定申請料
50,000
判 定 料
80,000
審 査 料 審査員日当(1日当り) 24,000
審査報告書作成料(申請1件当り) 24,000
有機飼料(加工) 認定申請料
97,000
判 定 料
107,000
審 査 料 審査員日当(1日当り) 24,000
審査報告書作成料(申請1件当り) 24,000
有機畜産物
(家畜)
認定申請料
97,000
判 定 料
97,000
審 査 料 審査員日当(1日当り) 24,000
審査報告書作成料(申請1件当り) 24,000
有機畜産物
(家きん)
認定申請料 採卵鶏 93,000
食鶏A(処理羽数年間30万羽未満) 110,000
食鶏B(処理羽数年間30万羽以上) 139,000
食鶏C(パーツカット) 180,000
判 定 料 採卵鶏 93,000
食鶏A(処理羽数年間30万羽未満) 109,000
食鶏B(処理羽数年間30万羽以上) 138,000
食鶏C(パーツカット) 180,000
審 査 料 審査員日当(1日当り) 24,000
審査報告書作成料(申請1件当り) 24,000

ページトップへ

小分け業者


認定物の種別 項  目
金額
有機農産物
有機飼料(農産物)
有機加工食品
認定申請料
50,000
判 定 料 年間売上高10億円未満 55,000
年間売上高10億円以上 80,000
審 査 料 審査員日当(1日当り) 24,000
審査報告書作成料(申請1件当り) 24,000
有機飼料(加工) 認定申請料
97,000
判 定 料
107,000
審 査 料 審査員日当(1日当り) 24,000
審査報告書作成料(申請1件当り) 24,000
有機畜産物
(家畜)
認定申請料
97,000
判 定 料
107,000
審 査 料 審査員日当(1日当り) 24,000
審査報告書作成料(申請1件当り) 24,000
有機畜産物
(家きん)
認定申請料
93,000
判 定 料
93,000
審 査 料 審査員日当(1日当り) 24,000
審査報告書作成料(申請1件当り) 24,000
輸入業者


認定物の種別 項  目
金額
有機農産物
有機農産物加工食品
認定申請料
50,000
判 定 料 年間売上高10億円未満 55,000
年間売上高10億円以上 80,000
審 査 料 審査員日当(1日当り) 24,000
審査報告書作成料(申請1件当り) 24,000

ページトップへ

地鶏肉


区 分 項  目
金額
生産行程管理者 認定申請料
67,000
判 定 料
73,000
審 査 料 審査員日当(1日当り) 24,000
審査報告書作成料(申請1件当り) 24,000
小分け業者 認定申請料
67,000
判 定 料
73,000
審 査 料 審査員日当(1日当り) 24,000
審査報告書作成料(申請1件当り) 24,000

臨時確認調査手数料
区  分 項  目
金額
書類審査のみ臨時確認 書類審査料
12,000
継続判定料
該当継続判定料の30%
実地調査を伴う
臨時確認
調査申請料
当該調査申請料の30%
継続判定料
該当継続判定料の30%
実地審査料 審査員日当(1日当り) 8,000
審査報告書作成料(申請1件当り) 12,000


補足事項
1) 生産農家戸数が6戸以上集まって申請する有機農産物及び有機飼料(農産物)の生産行程管理者、3法人以上集まって申請する地鶏肉及び有機畜産物(家畜)の生産行程管理者の場合は「グループ認定料金」が適用されます。詳しくは、事務局までお問合せ下さい。
2) 上記料金の他、審査員の現地までの交通費及び宿泊を伴う場合は宿泊費がかかります(実費)。
3) また、上記料金の他に「移動日当:実地審査を伴わない移動日の1日当りの料金」が、かかる場合があります。
4)

同一工程で2業者以上の実地審査及び調査を行う場合は、交通費、宿泊費及び移動日当を2業者以上で案分した金額が実費となります。

5)
審査日数が1日を越えた場合、その使用日数に審査員日当を掛けた料金が必要になります。
6)
調査手数料は、認定手数料の認定申請料を調査申請料に、判定料を継続判定料と読み替えた手数料が必要になります。
7)
臨時確認手数料がかかる認定申請内容の変更は、申請品目の追加(書類審査のみの調査)、施設の追加(実地調査を伴う調査)などがあります。詳しくは事務局までお問合せください。

ページトップへ

講習会費用について

  認定を申請するにあたり原則として弊社の講習会を受講していただくことになります。その有機JASまたは地鶏肉JASの講習会受講料は下記の通りとなります。
                各講習会受講料(平成27年5月改定)
                          初回        23,000円(1人当り)
                          2年目以降    20,000円(1人当り)
  受講料の他、会場レンタル料・講師交通費が発生いたします。
  一部例外もございますので詳しくは事務局までお問合せください。


海外での認定について

  海外での有機認定取得に要する費用は、上記料金表にある各料金の1.5倍程度の費用がかかります。更に検査員の現地までの交通費及び宿泊費等の実費が必要となります。
詳しくは事務局までご相談ください。


お支払い方法

  各手数料等の納付方法は、銀行振り込みとなっております。認定各種手数料は、エコデザインからの請求書がお手元に着いてから、2週間以内に下記の口座へお振込み下さい。
なお、振込み手数料は振込み人負担とさせていただいております。
三菱東京UFJ銀行
神田駅前支店(支店番号010)
(普)2085058
株式会社エコデザイン認証センター

to HomeHOME (株)エコデザイン認証センター  mail toお問い合わせ
Copyright © 2005 Center for Eco-design Certification Co., Ltd.